第25回会合議事

2014/02/07 18:16 に 大槻繁 が投稿   [ 2014/02/16 21:50 に更新しました ]
第25回 知働化研究会 の 様子
大槻 記
日時:2014年2月7日:金曜 
 18時30分(といいつつ19時より開始)〜21時30分くらいまで
場所:新宿井三井ビル34階豆蔵大会議室
議題:
 (1)知働化研究会誌の中身
    各メンバの作品の執筆状況(タイトル、コンセプト、進捗・予定など)
 (2)知働化研究会誌の形
    会誌のスタイル、形態などについて
 (3)知働化研究会、知のフリマ、アジャイルプロセス協議会の今後について
備考:
 知働化研究会誌第2号を何らかの形で作成・公開することになりました。創刊第1号はinDesinで編集、PDF(紙の冊子を小量試作)での公開としましたが、第2号はより進化した形を模索したいと思います。
 各メンバの作品は、どういった形になるにせよ、存分に執筆を進めてください。2013年度中を一つのマイルストーンとし、総会で何らかの報告・お披露目ができるとよいと考えています。
★各検討状況は、以下の通りでした。
羽生田さん:パターンランゲージ方面(知の民俗学?)方面で順調
本橋さん:「ゆる思考」がアジアンプロップ(3月)で公開。これで正式のリファレンスになりますね。あと、「知のフリマ」を知働化の観点のケーススタディとして分析する試みをしてみたい。
荒川さん:タイトルは「未定」。スキル、センス、パッションなどの縦横無尽な検討。
水越さん:バーンダウンチャートの話から始まり(知の)ペースメイキング、パフォーマンスをコントロールするところなどについて検討中。
飯泉さん:いつもの調子。
山田さん:出荷基準になるのを待つ状態。
大槻:http://www.ichicorp.biz/secondary/ にある随想集『知平』をベース。
濱さん:エンジニアの引導の渡し方。人材選別あたりがテーマ。
藤原さん:連想検索方面で何やらごそごそと。
高橋さん(メールにて):『よい道具とよい職人』の構想を進めている。
萩原さん(メールにて):分散システムの非線形性、NP問題、open issuesとか、データベース技術との融合など

★次回(第26回)会合予定:3月17日(月曜)18時30分より
宿題:各自、ウォータフォール型の執筆計画に従い、着々と進めていくことにしましょう。

Comments