newsoftdecl

ソフトウェア宣言
Declaration of New Software

従来のソフトウェアに関わる諸活動の呪縛から解放され、新たな世界を築いていくためには、新たな呪縛に捕われ、新たな中心を設定していかなくてはなりません。我々は、以下の関心の候補が有望であると確信しています。

In order to build a new world, freed from the curse of activities related to traditional software field, we shall be caught in a new curse, it does go to a new paradigm will set. We are strongly confident that the following are promising candidates for the matter of concern.

1.ソフトウェアは、数学的理論探求の上に成り立つ

Software is built upon exploration of mathematical theory.

2.ソフトウェアは、部分に還元することが不可能な全体である

Software can not be reduced to parts.

3.ソフトウェアは、実行可能な知識である

Software is executable knowledge.

4.ソフトウェアは、学びの副産物に過ぎない

Software is just a by-product of learning.

5.ソフトウェアは、制約条件下で創造される美しい人工物である

Software is a beautiful artifact, created under some constraints.

6.ソフトウェアは、富を生む経済活動の資源である

Software is a resource of wealth-creating economic activities.

7.ソフトウェアは、言語ゲームである

Software is a language game.

上記、基盤化、全体論、知働化、進化論、意匠論、経営論、遊戯論などの広範で、かつ、相互補完的アプローチが、新しい物語を生み出し、新たなる地平を切り開いていくことでしょう。
Above, the mathematical infrastructure, Holism, executable knowledge / texture, evolution, design theory, management theory, and language game, those are broad and the complementary approaches, creating a new story, we will open up a new horizon.

大槻繁,芝元俊久,高野明彦,竹内雅則,時本永吉,夏目和幸,萩原正義,
羽生田栄一,濱勝巳,本橋正成,山田正樹,綿引琢磨

Shigeru Otsuki, Shibamoto Toshihisa, Akihiko Takano, Masanori Takeuchi, Eikichi Tokimoto, Kazuyuki Natsume, Masayoshi Hagiwara, Eiichi Hanyuda, Katsumi Hama, Masanari Motohashi, Masaki Yamada, Takuma Watabiki

2010年6月11日 横浜にて
June 11, 2010 at Yokohama

(We appreciate Mrs. Nao Aoki for proofreading from Japanese to English translation.)

新ソフトウェア宣言の作成経緯、解説などは以下の通りです。
きれいにレイアウトされた宣言書は、下記PDF(NewSoftDecl20100611Yokohama.pdf)でご覧下さい。iPadで写真立て風に表示しておくと、お部屋が知的な雰囲気に引き立ちます。

『新ソフトウェア宣言』についての、ご意見、コメントなどもお寄せいただければ、一同、励みになります。また、知働化研究誌Vol.2は、宣言(呪縛)の特集を組む予定ですので、ご期待ください。

本件についての問合せは、otsuki.s@exekt-lab.org までお気軽にどうぞ。
Ċ
大槻繁,
2010/07/16 6:20
Comments